即日審査キャッシングは総量規制になる?

即日審査キャッシングは総量規制になる?

総量規制とは?

総量規制とは、2010年の改正貸金業法の施行によりできたものです。個人が多くの借金を抱えないように年収の3分の1を超える借入はできなくなりました。例えば年収300万円の人は100万円までしか借りられません。いくつかの会社からお金を借りているのならそれも含まれますので、100万円までしか借りられない人が、他社で80万円借入をしていると、あと20万円までしか借りられないということです。総量規制ができてから、多重債務に陥る人が少なくなったと言われています。

総量規制になるもの、ならないもの

総量規制の対象になる借入と、対象にならない借入が存在します。対象になる借入は、消費者金融、クレジット会社、信販会社でのキャッシングです。対象にならない借入は、銀行からのキャッシングや自動車ローン、住宅ローン、不動産担保ローンなどがあります。総量規制は、貸金業として登録しているところでは対象になると考えておきましょう。銀行のキャッシングは銀行法が適用されるので、総量規制にはなりません。総量規制が気になるなら、銀行の即日審査キャッシングを申し込むと良いでしょう。

総量規制の例外は?

借入のすべてが総量規制になるわけではありません。住宅ローンなどは年収よりも多い額を借りることになるわけですし、これを規制してしまうと家が買えなくなります。貸金業を営む会社の中でも総量規制の例外があります。それが「おまとめローン」です。おまとめローンは、いくつかの債務を1つにまとめて返済するもので、利息もそれぞれ契約していた支払いよりも低いのでお客さまにとって有利な借り換えとなるので貸金業法でもこれはOKということになっています。多重債務の人は、A社に返済できないのでB社から借りてA社に返すという方法をとりがちで、それが総量規制ができたために追加で借入できなくなって返済不能に陥るケースがありました。しかし、おまとめローンのおかげで、多重債務に苦しむ人も救済できるようになってきたのです。

↑ PAGE TOP

Y All Rights Reserved.